メインコンテンツへスキップ

りえすけToo!トップページ リンクの港
  ナンデモ日誌 OldGameReview家 おみやげ屋 リンクの港 送信フォーム 掲示板

ドラゴンナイツ グロリアス

タイトル画面 ジャンル 2DファンタジーADVRPG
機種 PS
メーカー PANDORA BOX
備考 PANDORA MAX SERIES(PMS) Vol.1
満足度 ★★★★

RPG+ADVかADV+RPGか

説明書によりますと、ロールプレイングにアドベンチャーの要素を加味しているゲームということになっていますが、やってみるとアドベンチャーにロールプレイングの要素がちょっとあるかもしんないと言った方がしっくりくるゲームです。基本的にはアドベンチャー部分でストーリーを進めます。ロールプレイング部分は、回避しようと思えば出来てしまいます(笑) そういう訳で、このゲームはアドベンチャーのジャンルに入れさせて頂きます。

ストーリーは、「ドラゴンナイツ」というドラゴンに乗った無敵の騎士団に憧れる少年が、ドラゴンナイツに入るべく試験&研修を頑張る、という、これだけのものです。ただし、飯島武男氏の気合の入ったシナリオにより、えらい量のテキストが用意されています。結構老舗のシナリオライター(だよね?)ですね、彼は。私はPC-88時代から飯島氏製作のゲームを遊ばせて貰ってますが、良い意味で奇をてらわないシナリオが多いような……。

あと、特記すべき事が一つ。このゲームは値段が新品で1,980円だということ。これだけで評価に★一つアップです。

1回目のゲームの感触は非常に良かったです。各キャラは非常に立っていて覚えやすいし、好きだし、世界を救わないところも好きだし。ストーリーは端から端まで丁寧に作られているし、結末近くの盛り上がりにはとてもわくわくしました……が。

エンディングが25個。

も用意されているのです。つまりだ、25回は遊べるようにしているということです。完璧主義の私と致しましては、完全制覇するまで止められません。ストーリーの流れにわくわくするのはせいぜい2回まで。それでも5回くらいまでは用意されている選択肢で楽しく遊びましたが、それ以降の20回はもう苦痛というか惰性というか。

かつてこの状態になったゲームと言えば、SFC版かまいたちの夜。たった一つのエンディングを見るために、何度も何度も同じ展開の物語を初めからプレイするのは不毛以外の何物でもありません。このゲームにも選択肢が多数用意されており、それぞれ違った展開になることもありますが、大筋は一緒です。この状態になった時、もはやゲームではなく、作業になってしまいます。しかもエンディングは1P違うだけの場合がある。がっくりします。せめて12個くらいにしぼっておいて、その分エンディングの文字数を増やした方が良かったですね。もしくは、完全に選択肢まですっとばせるようにするとか。

しかし、知らなかった事を各選択肢やエンディングでちりばめて暴露するのは歓迎です(ちょっとしか無かったけど)。だからこそ、そんな意味あるエンディングをしぼって欲しかったんです。とりあえずどんな終り方をしようと一応ちゃんとエンディングが用意されているので、それはいいですよね。

RPG部分とは?

前述の「RPGの要素に…」とあったので、当然RPGの部分があるわけですが、これが何かと言えば、フィールドを走ってエンカウントしたら戦って、経験値が溜まったらレベルアップする、ということ。RPGというものがこういうものだという捉え方をされているのが残念ですね。これだけ中途半端にやって「RPGだ」なんて言うくらいなら、いっそ無くても良かったと思いますよ。RPGって、キャラに感情移入するのが大前提なんですよね。じゃないとただの経験値稼ぎゲームになっちゃうでしょ? このゲームの場合、RPG部分だけが感情移入できないエンカウント率が異常に高くて、プレイ時間を引き延ばされてイライラするだけ。

経験値や持ち物が次回のプレイに引き継げるので、次のプレイでは勝てるかもしれないってのはまあ良いことなのですが、そうするとますますRPG部分のエンカウントが意味が無くなり、イライラするわけです(アイテム拾うためにやるだけっスよ)。ADVのイベントで戦うのは歓迎なんですけれどね。という訳で、私は半分以降殆どRPG部分をパスしてクリアしてました。だって1回目のプレイでレベル42になってたから、無駄なエンカウントは時間の無駄だもーん。ちなみに25のエンディング制覇したらレベル90になってました。普通のRPGだったら余裕で2回くらいは世界を救えますね(笑)

様々な要素。

このゲームは非常に欲張りで、ADVとRPGと、他にも要素があって、ミニゲームとか、恋愛SIMの要素もちょっとあります。お気に召した女の子なんか、親密度を上げておけば休日にデートする事が出来るわけ。これがエンディングに関わってくる場合が多いです。ミニゲームは……あんなにあるのが謎すぎ。あと、おまけね! ごちゃちるというミニゲーム(と言ってもほとんど読むだけ)、予告編、サウンドモードも含めて結構あるんですね。それに、ゲーム中の詩! 詩なのかなんだかわかんないのもあったけど、なんであんなにあるのか、まったく謎です。そういうの好きだけど。

で個人的に最大に「どうにかしてよ」と思うのが、セーブデータをせめて1つのメモリーカードに2つは置けるようにしてよ!って事ですねえ。ですので、メモリーカードを2つ用意してセーブを2つ出来るようにしときましょう。

以上が、エンディング制覇後に思った事でした。これが一度目終った後の感想なら良いことばっかり書けそうなんですが(爆) という訳で私のような完璧主義な人はあまりやらない方がいいかもしれないのですが、基本的には値段のこともあるし、お勧め出来ます。以後PMS(どれも1,980円だよ)のセーブデータはリンクするそうなので、楽しみですね。いっそPMS専用メモリーカードを用意しておくといいかもしれません。

(後日追加)ところでパンドラボックスのURLが無くなってるんだけど、どうなっちゃったのだろう。シリーズ終了ですか?

関連リンク。

[▲topへ]

[menuへ戻る]