メインコンテンツへスキップ

りえすけToo!トップページ リンクの港
  ナンデモ日誌 OldGameReview家 おみやげ屋 リンクの港 送信フォーム 掲示板

かまいたちの夜

タイトル画面 ジャンル 2D推理恐怖物ADV
機 種 SFC/PS
メーカー CHUN SOFT
備 考 サウンドノベル
※スナップショットはCHUNSOFTのガイドラインに基づきCHUNSOFT公式ホームページの「かまいたちの夜」に掲載されている画像を使用しています。無断転載を禁じます。
満足度 ★★★★

イキナリ感想(SFC)。

弟切草とは違った路線。ノーマルシナリオは推理物な作り。推理に失敗した方は、もれなくシナリオ後半で物凄く恐い目に会えます。マジで恐かったんだって!人間誰も信じられなくなるよーな恐さ。こりゃ恐いよ。

PS版のスナップショットしかし、推理に成功すると、そこからがお楽しみタイム。遊び尽くすのも、とても時間がかかります。ノーマルシナリオで全エンディングを見ると、「ピンクのしおり」になるけど、この時増えるシナリオ数もハンパじゃない。しかもピンクのしおりには隠し画面があるし(見ないともう1つのシナリオが増えないよ)。これも結構ビビったぞ。更に「金のしおり」があるけど、これは「金」にしたからといってどうという事もない。したい人はとにかく全ページを読んでください。

操作性については、片手で遊べるので、言う事なしです。取っ付きやすいし。

選択肢が出てくるまでが長いのが難点かな。ノーマルの時特にね。挫折した人も多そうだね。

ワタシは推理を自力でしました。真実が分かった時の、あの一筋の光明が射すような感じを今でも忘れる事が出来ません。気合で解いて、この感じを味わって欲しいな。勿論手がかりは全てゲームに出てくるから、何度も読んでれば分かると思うよ。一見手がかり無いように見えるけどね。

後日追加/PS版も遊びましたので、PS版レビューも追加。

というわけでPS版。

PS版製作にあたって、写真をすべて取り込み直したらしく、印象は変わりませんが、画像がちょっと綺麗になっていました。

PS版フローチャートで、PS版には初心者でも楽にクリア出来るよう、フローチャート機能がついています。SFC版ではよっぽど「選択肢までが長い!」という苦情が多かったのではないでしょうか(笑)。ほんと長かったもんなあ。それで、これを使うと、どこの選択肢でどの選択を選び、どれが選んでいないのかが一目で分かります。それに、いつでも好きな選択肢に飛んで行ける為、特にストレスは感じませんでした

ただし、このフローチャート機能があるために、下手したら本編より好評の「スパイ編」に行きづらくなってます。フローチャートを使うと楽だから、つい選択肢から飛び飛びに読み進めてしまうとゆー落とし穴がありまして、こうすると、いつまでたっても「スパイ編」は出てこない。単に初めからちゃんと文を読めばいいだけなんです(SFCの頃は毎回初めからだったから、こういう詰まり方は無い)。それと、これの為に、プレイ時間が非常に減りました。ちなみに私は3日で金のしおりになりました。つーか、謎も何も全部覚えてたし(笑)。

真理が探偵事務所を開業しました噂の「真理編」ですが、すっごい短いシナリオで、これだけ話が独立しています。しかも、超短い。何度も遊ぶ楽しさとかは無いですね。一発で分かっちゃってつまんなかった……。「かまいたちの夜」でも何でもなかった……。それなら、あのペンションで起こるシナリオを増やして欲しかった。要するに、これはサービスシナリオなんでしょうね。一応バリエーションは2つあるけど、短すぎ。

金のしおりにした後、「ちょっとエッチなかまいたちの夜」CDを聞くことが出来ます。これって、昔SFC時代のかまいたちサントラか何かに付属していたヤツじゃなかったかな??? で、はっきり言ってこれつまらない。こんなのどうでもいいから、あのペンションで起こるシナリオを増やして欲しかった。透はあんなヤツじゃないと思うんですけど……。

そういう訳で、SFCをやりこんだ人にとってはイマイチの出来だと思います。でも、SFC版やってない人にはお勧めできますよ。PS版の方が金のしおりにしやすいし、ストレスもないですし、やっぱ夜中のシーンは怖いし……。

関連リンク。

[▲topへ]

[menuへ戻る]