メインコンテンツへスキップ

りえすけToo!トップページ リンクの港
  ナンデモ日誌 OldGameReview家 おみやげ屋 リンクの港 送信フォーム 掲示板

かわいい女

かわいい女 ジャンル 2D現代原作物ADV
機種 Win他未確認
メーカー リバーヒルソフト
備考 レイモンド・チャンドラー原作・ハードボイルド
満足度 ★★★☆☆

原作に忠実(忠実すぎ)。

「ハードボイルド」と言えば、ダシール・ハメットの手によるサム・スペード、コンチネンタル・オプ、そしてレイモンド・チャンドラーによるフィリップ・マーロウ! ゲーム「かわいい女」はそのフィリップ・マーロウの活躍する小説の1つ、「かわいい女」を忠実にゲーム化したものです。舞台は映画王国ハリウッド。マーロウはここで小さな探偵事務所を開いています。

早速ゲームスタートしようとすると、警告を受けました。曰く「256色にしてから起動してください」。これはびっくり。ゲームする前に、画面の設定を256色に変更してからじゃないと遊べないのですよ。しかも画面をでっかく見たい場合は、解像度まで低く変更しなくちゃならないの。面倒。ゲームから変更してくれればいいのに。

ま、それはともかく。行方不明になった兄を探してくれと、「かわいい女」がマーロウのところに依頼に来ます。報酬は1日40ドルのところ、金が無いってんでたったの20ドル。マーロウは女の態度に疑問を持ちつつ、ヒマ潰しのつもりで捜査に出かけます。が……。

ゲーム中の登場人物のセリフは、ほぼ原作通りです。1度でも読んでいるなら「ニヤリ」とするところが何箇所もあります。相変わらずマーロウはよく喋るし毒舌だし(彼に言わせると退屈な男は良く喋るか黙っているかのどっちかなんだそうだ)。途中、プレイヤーはマーロウにどう行動させるか選択する事が出来ます。原作には行ってない所にも行けるし、ゲーム画面の背景は3DCGで描かれていて、とても美しく、雰囲気は抜群。

そんなリアルな背景と対照的に、キャラクターは完全に平面体で、「絵」として描かれているのが特徴的です。1枚絵で見ると何だか味気ないっぽいのですが、ゲーム中はこれが、バリバリアニメーションします。依頼を受けるシーンなぞ、マーロウは落ち着きが無く、依頼人に対してイライラしているのがアリアリと分かります。アニメーションすることで、この平面画の違和感は全く無くなります。

で、原作モノには良くある「キャラのイメージぶち壊れ」ってことはないものの、ゲーム中、マーロウの持ち味が少し殺されているようで、なんかもの足りなかった(ゲームだからしょうがないのだが)。あと、ゲームとして見たとき、ちょっと説明不足のところも多いと思う。原作を読んでいない方には絶対、「ナンでそうなるの?」って思う事請け合い。推理物としては、このゲームは買えない、いや買ってはならない。観賞用として買うのが正解かな。

ゲームとして。

この職業では金持ちになれない。ぶちのめされ、銃で撃たれ、ブタ箱に放り込まれるときもある。たまには死ぬことも……。

マーロウのオープニングでのセリフ。このセリフが物語るように、このゲームは49種類ものエンディングがあります。バッドエンドもあるし、ハッピーエンドもある。しかし、私が見たところ実質なエンディング数はこの4分の1にも満たないのではないかと思うぞ。このエンディングとあのエンディングの何処が違うの?っていうのがいくつもあるからね。だから、この「マルチ」エンディングは「一応」と思ったほうが良いのでは。

録音がヤバかったのか、会話も聞きづらいところがある。これはかなり減点要素。結構重要なシーンだったと思うんだけど。(後日追加:てゆーか、ある重要なキャラのセリフ全体が聞きづらいでやんす…)

もう1つの「かわいい女」。

で、ゲームから「かわいい女」に入る人は「ナンで? ナニがどーなってるの? 今までの手がかりからナンでイキナリそーゆー結論が出るの?」と思う事はまず間違い無いとして。原作読んでゲームする人にとっては、話が全部分かっちゃっててつまらない、という話もありますね。

なので、原作のシナリオとは別に、犯人や動機が違うシナリオも用意されています。しかしだ、これまたどこがどう違うのか良く分からない。確かに犯人も動機も違ってたけど、あの差にどの程度の意味があるのだろう? かつ、原作を超えられなかった事は確か。こうなると、このゲームの存在意義を考えてしまいます。

大人のゲームだ。

雰囲気はいい。原作の雰囲気をそのまま持ってきた所は高く買いたいです。電話やラジオや雑誌もイイ味出してる。「かわいい女」の底辺に流れるドロドロさも良く出てる。でも1本のゲームとしては楽しめない。原作を読んで、雰囲気を味わいたい人が観賞用として買う、またはフィリップ・マーロウの世界を原作を読む前に試しに味わってみる、ってのが一番イイのではないかと思います。

何となく、現代の息切れした大人たちの為のゲームってところですか。私はこのムードが好きなので、これはこれで良いかなっと思ってしまいます。

関連リンク。

[▲topへ]

[menuへ戻る]