メインコンテンツへスキップ

りえすけToo!トップページ リンクの港
  ナンデモ日誌 OldGameReview家 おみやげ屋 リンクの港 送信フォーム 掲示板

マリオのスーパーピクロス

マリオのスーパーピクロス ジャンル パズル
機種 SFC
メーカー 任天堂
備考 協力プレイ可
満足度 ★★★☆☆

お絵かきロジック。

と言えば、かなり取っ付きづらいパズルの1つではないでしょうか。多数のマス目と数字の羅列に、尻込みする人も少なくないはず。でも、これって解き方があるので、そいつを覚えてしまえば、どんな大きいパズルでも絶対解けます。やってみての感じは、推理小説に良く似ています。証拠を集めて(関係ないマスはバツをつける等)、犯人(塗るべきマス)を探し出し、逮捕する(マス目を塗りつぶす)、後はその繰り返し。カンは使いません。論理で追い詰めていきます。終わると必ず何かの絵が現れます。勿論ドット絵です。

こいつを任天堂はピクロスと呼んで、ゲームにしました。かなり初心者向け説明モードから、上級者向けまで、幅広くカバーしています。

クリアしてもクリアしても。

全部解くとかなりの数のピクロスを解くことになりますが、困ったことに解いてる途中のドット絵は、大抵何だか見当がつきません(笑)。また、「マリオ」のピクロスには1つのピクロスにつき30分の時間制限があり、ミスると持ち時間が削られてしまいます。この辺、ピクロスが大きいとシビアです。一度、あと3秒だけどたった1個のドットで仕上がるって時、ふと手元が狂って−4秒され、ゲームオーバーになった事があります。こうなると何もかもやる気を失います(笑)。その代わり、解いたピクロスは、色がついて大抵アニメーションしてくれます。何個か笑えるのがありました。

解けた面によって、どんどん先の面が遊べるようになります。ラッキョウのごとく、どんどんあります。ほんとーに「まだあんのかー!」と思いました。でも全面クリアを成し遂げました。

ソフトの性格的に、これは面白いって言うのではなくて、お絵かきロジックは面白いって言いたいゲームではありますね。ワタシなんぞ、病院の待ち時間でロジックの雑誌買ってまで解いています。このソフトはマリオが優しくナビゲートしてくれるので、子供にも向いていますね。集中力つきますよ。

関連リンク。

[▲topへ]

[menuへ戻る]