メインコンテンツへスキップ

りえすけToo!トップページ リンクの港
  ナンデモ日誌 OldGameReview家 おみやげ屋 リンクの港 送信フォーム 掲示板
MENUへ戻るBACK 初期アーケード時代 NEXTPC6001時代へ
遊んだゲームのタイトル
メーカー 関連リンク
りえすけの思い入れ 
ギャラガ
namco namco
ギャラクシアン2と言われるギャラガ。誰に聞いても名作であります。ギャラクシアンからどう変わったかと言えば、いわゆるオープニングモードと言われてるまず敵登場シーン。画面外から編隊を組んで飛んできます。ここでいかに敵数を減らすかで難易度が変わっちゃいます。あと、デュアルファイターの存在。敵ボスのトラクタービームで1体味方を捕虜とし、あとでボスを撃って捕虜を解放すると、デュアルファイターになるというもの。当時このデュアルファイターの間をザコやミサイルをほいほい通すツワモノがいました(当たり判定が僅かにない)。あと、チャレンジングステージなんてのも増えていましたね。

[▲topへ]

ギャプラス
namco namco
ギャラクシアン3と言われるギャプラス。ルールなんか知らないでも結構遊べて、しかも知ってると3倍楽しい1画面型シューティング。今回は自機を色々パワーアップさせるブラスターヘッドが目玉。でも実はファランクス以外はあんまり覚えてません。またチャレンジング・ステージというボーナス面があって、これが見ているだけでも結構楽しいです。ザコお手玉ですね。他に技が色々あって、やろうと思えば毎面スペシャル・フラッグを出現させて1機増やせる。でもこの規則が結構難しいので、弟なんかは単語帳にスペシャルフラッグ出現表を書き込んで、それを横に置いてプレイしていました(でもこれのお陰でハイスコアがあんまり実力の目安にならない)。1面でいきなり自機を3連発にするのも有名ですね。

[▲topへ]

ギャラクシーウォーズ
TAITO TAITO
これは名作だと思ってる。自機がミサイル。砲台を出発して、強制的に上空へ行く自機を操作して、画面上部のUFOに当てる。そういやこのゲーム、ルールがなんかフロッガーにも似てるね。秋葉原のゲーセン「Try」でこないだ再会できました。ゲームセンターあらしが炎のコマを生んだゲームとしても知られているけど、面が進むと隕石が増えるので、炎のコマを使いたくなる気持ちが分かります。(でも、漫画にあるようなアレほどじゃないです。)スーパーファミコンでイマジニアから発売されたギャラクシーウォーズのアレンジモードには、レバガチャをすることによって炎のコマを再現するという凄いフィーチャーがありました。

[▲topへ]

ギャラクシアン
namco namco
インベーダーの進化した姿と言いますか……高得点を上げる為にはテクが必要でした。護衛を2機撃ってからボスを倒す!みたいな。この頃って、必ずミサイル1発しか打てないから、打てばいいってもんでもないしね。近所のバッティングセンターの入口にあったんだけど、テーブル型筐体をそのまま背を高くしただけみたいな、今思えば変な筐体だった。アップライトとも違うし。みんな誤解してたけど、ギャラクシアンってのは本当は自分の名前であって、敵の名前じゃないんだよ。自機の名前はギャラクシップね。そのうちギャラクシアンのボス(黄色い奴)の名前をさして、「ギャルボス」とか言われるようになっちゃいました。

[▲topへ]

キング&バルーン
namco namco
敵軍は気球を使って王様をさらおうとしています(!)。気球を打ち落とし、王様を守らなければなりません。味方の武器は1発ずつしか撃てない主砲のみ。王様が連れ去られない限り、この主砲は何回壊れてもオッケー(!)。ですが、王様が画面外に連れ去られてしまうと、王様が一人減ってしまいます(!)。
突込み所満載の設定ですが、ゲームは面白いです。主砲をよくみると、2人の人間が一生懸命主砲を運んでいるのが分かります。ごくろうさまです。他にも喋るという特徴があって、連れ去られそうなとき「ヘルプ!ヘルプ!」、助けると「サンキュー!」、助けられないと「バイバーイ!」と、王様とは思えない可愛い声で喋ります(特にバイバイとは何事だ)。助けた時にのんびりカサを使って降りてくる王様を見ると、そのカサで気球を割らんかい!とか思っちゃいます。コツが分かると結構長く遊べるゲームでした。基本は王様の上を守るって事。真ん中からどんどん気球を減らす事とか。
喋るゲームとしては、サン電子から出た「スピーク&レスキュー」ってのが先なんだけど、あれはあんまりヒットしなかった。UFOにさらわれる人間を助けるゲームで、キング&バルーンと似てますな。でもゲームとしてはあれはちょっとなあ…。

[▲topへ]

クラッシュローラー
アルファ電子/クラール  
いわゆるドットイート型の応用型ゲームで、ドットを食ってるわけではなくて、とにかく全部の道路を塗りつぶせばクリア。でもそう簡単にはいかなくて、パックマンのモンスターにあたるエイのような敵(で、これ結局何?)、折角塗った道に点々を足跡を残していく猫や鳥など(背景の絵から出現する)、なかなかすんなりクリアさせて貰えないゲームです。ハケはローラーに乗ると加速するので、この状態でエイ(笑)にタックルすると勝て、得点アップを狙うことが出来るのですが、面が進むとこっちがローラーに乗った瞬間エイがUターンとかしやがるので、これまた成功しなくなります。ローラーから降りた瞬間エイにタックルしちゃったりして。ライン上にあるワープポイントを行ったり来たりしているエイを見ると本当にムカつきます。とにかく画面の色が綺麗でプレイヤーには訴えるものがありましたので、やってる人は多かったです。皆1分くらい画面を立ち尽くしたまま見てて、その後おもむろに100円入れるんだよね(笑)。でもうまい人はとても少なかった。みんな2面とかで終わっちゃう。せめてエイがUターンしなかったらもっとヒットしたんじゃないか?と思えるちょっと惜しい作品ですね。

[▲topへ]

クレイジークライマー
Nichibutsu Nichibutsu
名作でしょ、これは。レバー2本を交互に動かしてひたすらビルの窓に手をかけて、登っていくゲーム。すんげえハマった。人がビル登ってるのに物落とすんじゃねぇ。看板まで落ちてくるし。しらけ鳥とか、ゴリラとか、時代を反映したフィーチャーが今見てもたまりません。今の子達はきっと分からないんだろうけどね(って年寄りくさい)。リメイクされたハイパークレイジークライマーはWin95オンリー。Win98だと動かない、シクシク(泣)。今はプレステのクレイジークライマー2000がお勧めです。
すんげーハマった割にはあんまり上手くなかった。4面超せなかったし。ってゆーか、子供の資金力なんかたかが知れております。このゲームは腕も確かにいるけど、運が強くモノを言うゲームだという印象。屋上にやっと上ったのにヘリが来なかった時は泣きました(バグらしい)。看板を耐え忍ぶ時とか、同じ状況でも落ちたり落ちなかったりするんで、そこんとこどう判定してるのか未だに分からない。まさか、これも運? なんでもないのに突然落ちたりするのはバグなのか運なのか、もうなんだか凄く曖昧。でもハマってる人は確かに他にもいた。
強く思い出すのが店側のメンテ。出かけた先でクレイジークライマーに出会って、やってみたら4方向レバーだった時には本当に泣けました。斜めに手が出せないんですよゴルァ! この頃のゲーセンは店側がゲームを分かってなくて、8方向の筈なのに2方向レバーだったりとか(これは死確定)、そういう事が結構ありましたです。メンテしてなくて1方向に入らないレバーとか。これは今でもあるか。
類似ゲームとしてファイアートラップってのがあったけれど、自分は見たことがありません。ちなみにクレイジークライマーのボードゲームもあったんだけど、知ってるかな?

[▲topへ]