メインコンテンツへスキップ

りえすけToo!トップページ リンクの港
  ナンデモ日誌 OldGameReview家 おみやげ屋 リンクの港 送信フォーム 掲示板
PC6001時代へBACK PC8801時代 NEXTファミコン時代へ

市販で買ったソフトと言えば、ウイザードリィしか覚えてない不思議な機種。あとは当時から電波新聞社から発行されていた「マイコンBasicMagazine」を見て、プログラムを打ち込んで遊んでいました。

遊んだゲームのタイトル
メーカー 関連リンク
りえすけの思い入れ
ウィザードリィ1
アスキー アスキー
外付け5インチFDDと、モニターにしていたテレビとPC8801で、最初から最後までハマりまくっていたウィザードリィ。3DダンジョンRPGで、今でも続いている息の長いシリーズ。今でも様々な事を思い出せる。
  • この頃ダンジョンはまだ20×20の線画マップで、マッピングがパズルみたいに出来て超面白かった。ワープポイントでいつの間にかワープしてて、マップのつじつまが合わなくなると凄く慌てる。
  • キャラ作るときにボーナスポイント(能力値にプラスできる数値・ランダム)低いと、「a」とか「b」とか超適当な名前をつけ、そんなキャラを大量に酒場に集め、金だけ奪って消してしまう。凄くひどい。
  • 宝箱開けるのに罠を外すんだけど、調べて罠を特定したら、キーボードから罠の単語(TELEPORTER、とか)を打つのね、ミスると罠に引っかかる。ナイスな緊張感! テレポーターって罠に引っかかると、壁の中にテレポートさせられて全滅の危険があるので、リセットボタンに手をかけつつ入力するんだよね。「おっと、テレポーター!」(即リセット)。
  • レアアイテム探すのに燃えた。売ったアイテムは店に並ぶので、ボルタック商店に全アイテムを並べてやる!って。ボルタック商店には自分たち以外にお客がいません。
  • メッセージの訳が変だったけど、それさえもウィザードリィの個性だと思う。「aaaはabcを激しく突いた、そして外した。」ってやっぱおかしいよ。外したのに首を切り落とされた!ってのもあるし。
ま、とにかくハマりまくったなあー。ゲームに目的はあるけど、クリアしてもゲームが終わらないで永遠に続けられるのだ。今でも、偶然知り合った人がウィザードリィをやっていたりすると、話が止まらなくなるのである。自分としてはコンピューターRPGの原点はこれだと信じて疑ってない(本当はROGUEが原点)。

[▲topへ]

ウィザードリィ2
アスキー アスキー
ウィザードリィ1で育てたキャラを、2に持ち込むことが出来た。つまりマップさえあれば、ワープの魔法を使いまくって簡単にクリアできる。20分でクリアしてしまった……コストパフォーマンス最悪。1ほどハマってない。

[▲topへ]

ウィザードリィ3
アスキー アスキー
最初からキャラを作りなおすんだけど、1・2のキャラの子孫て事で、キャラ作るのにちょっと影響が出たと思ったけど、どーだったか。かなり何度も遊びなおした。謎解きの要素がかなり増えていたので、ゲームとしては凄く面白かった。キャラの性格が「善」と「悪」で入れる階が違っちゃうので、「善」「悪」混成パーティーであるウチの面子は酒場ではなくて、ダンジョン内で待ち合わせ。みんなそーだったんじゃないかしら? Ship in Bottleには最初悩まされたなあ。

[▲topへ]