メインコンテンツへスキップ

りえすけToo!トップページ リンクの港
  ナンデモ日誌 OldGameReview家 おみやげ屋 リンクの港 送信フォーム 掲示板

グランディア

ジャンル 3DファンタジーRPG
機種 SS/PS
メーカー GAME ARTS
備考  
満足度 ★★★☆☆

革新的技術。

私はサターン版をゲットしましたので、プレステではなんか違ってるかもしれません。3DはPSの方が性能が上だし。とりあえず、これはサターンのレビューです。

グランディアは、誰もが夢見たであろう、フルポリゴンのフィールド型RPG「のような」プレイ画面です。L・Rボタンで視点がグリグリ回転します。つまり、画面上に死角や不自然に行かれない場所(建物の裏とか)などありません。というわけで、建物の入口を何も固定しなくても良いので、町やダンジョンなんか、縦横無尽に道路が走っていて、入口の位置も360度自由につけられています。

この方式だと、自分が何処から来て何処へ向かっているのか分かりづらいので、画面上には常にコンパスが置いてあります。針の向きは目的の方向、もしくは自分の入ってきた方向を示しています。これを見ないと絶対に迷うこと間違いなしです。ただし、元々方向オンチな私は最後まで迷っておりました。方向オンチにはかなりつらい冒険になるでしょう(笑)。ただっぴろいダンジョンなんかもう、初手から地獄ですよ(笑)。

普通とちょっと違う戦闘システム。

初めての戦闘の時、目茶目茶びっくりしました。ワケが分からなくて(笑)。全員「リアルタイム」で素早い順に行動するのですが、通常の武器で戦う系では「コンボ」と「クリティカル」というのがあって、「戦う」が無いではあーりませんか(笑)。「コンボ」が通常攻撃扱いで、相手の行動をキャンセルすることが出来る「クリティカル」は殆ど使いませんでした(だって絶対キャンセルするワケでもないし)。リアルタイムなのでオートで戦うと壮観です。←ただしオートはかなり頭悪い

魔法はアイテム「マナエッグ」を消費して、4系統の魔法の内の1系統を覚えられるというシステムです。4系統のうち2つの組み合わせで新しい系統が出来るので、うまくやれば2つのマナエッグで3系統を覚えられるという事ですね。後はレベルを上げるだけで持ち系統の新しい魔法を覚えていきます。キャラによっては同じ系統でも覚えられたり覚えられなかったりする魔法も有って、個人差が出来ます

レベルは普通のRPGのように敵を倒せばパラメータもヒットポイントも上がります。しかし技や魔法やMPは別個で、使わないと上がらないスキル制を採用しています。これでだらだらしがちな戦闘に緊張感を生んでいると思います。

技術的には、一般評価通り大変素晴らしいと思います。ロード時間も気にならなし、走ることも自由に出来るし、ストレスは感じないゲームシステムに仕上がっています。戦闘の終わった後、いちいち経験値がいくつ入ったとか報告してくるのも、少しうざったいけど必要ですし。ムービーは綺麗だし(でも登場人物の顔が別人なんだよねぇ……)。

CD1。

しかしなんと、私はこのゲームを1プレイするのに3ヶ月以上かかりました。これは今までの最長記録です。面白かったから長く遊んだのか?と言われると、これがそーじゃなくて、やる気が起きなかったんです。遊んでて楽しければ、ずーっと遊んでしまうでしょ? それがこのゲームには無かったんです。1つのゲームやってるのに他のゲームに手を出したのも、これが初めてですね。

戦闘してスキルアップさせていくのは楽しかったけど、前半、話を進めていくのが何だか面倒でした。だって、ダンジョンで必ずと言っていい程迷う(笑)ので、もう既にそれがストレスだし、結構連続でダンジョンなんか行くわけですよ、すると「んだよ、またかよぉ」って思ってそこで止めちゃう。前半は主人公の好奇心を満たす旅で、ある程度行く(ここまでは結構楽しいのだが)と、次の目的が途方も無く遠く設定されるのと、「急かされる」上、大好きだった「とある仲間」と強制的に別れるというトリプルパンチで、すげーダレました。CD1に2ヶ月もかかっちゃった。

そう、このゲームには、ファイナルファンタジーのように「仲間と強制的に別れる」という、私の最も嫌いな要素が有ったのです。これを知らないと結構ショック受けますので、やるなら覚悟しときましょう。ま、そいつが貯めた経験値の3分の1はアイテムとなって、後の誰かに引き継ぐことも出来るのが救いですね。←でも、いずれそやつが帰ってくる時の為に、私は最後まで使わなかったんだけど……。

CD2になると、突然面白くなり始めました。話が急展開して、私は全く飽きなくなりまして。この急展開の内の少しぐらいCD1に振り分けとけばいいのに、と思いました。

納得できない。

盛り上がった割には意外とアッサリなエンディングの後、私が思ったのは「あー納得できない」。色々な点でグランディアには納得出来ませんでした。主人公の声が合ってない(と思う)、主人公とヒロインより別れた仲間の方が好き(人によるけどね)、ムービーやイラストとゲーム中の人物の顔が違う(関連リンク先のページでちょっと見てやって)、ストーリーの組み立て方、なとなど、ストーリー的には納得いかない出来でした。あと、画面が原色気味でずっと見ていると、ちょっと疲れますな。写真で見ると美しいのにね。

というわけで、演出技術は大変に高いけれどストーリーは普通、というのが私のグランディアに対する評価です。このゲームを2Dで遊んだ場合、よくある普通のRPGである事は間違いなしです。ただ、システムとかは捨てがたくて、これでストーリーをさらに練ってくれれば、グランディアはかなりイケるゲームになると思います。グランディア2がDreamcastで出るそうなので、少し期待しています。……グランディア1は、何となく女性にはオススメ出来ません。←にしちゃあファンは多いようだけど

関連リンク。

[▲topへ]

[menuへ戻る]