メインコンテンツへスキップ

りえすけToo!トップページ リンクの港
  ナンデモ日誌 OldGameReview家 おみやげ屋 リンクの港 送信フォーム 掲示板

ミスティックアーク

タイトル画面 ジャンル 2DファンタジーRPG
機種 SFC
メーカー ENIX
備考
満足度 ★★★★★

2DRPGがやりたいな。

ミスティックアークは、遊ぶゲームが無くてお金も無かった頃、取りあえず安い(つまり古い)2DRPGがやりたくて、いわゆる中古屋のワゴンセールを漁っていたところ、1,000円で売られていたのを買ったものです。あと、絵が大変良かった(山田章博先生、この人の絵大好き。)ので、ハズレを覚悟でゲットしました。

が、期待?に反して、MYSTIC ARKは隠れた名作として自分の記憶に残る事となりました。

最近、戦闘シーンに懲ったものやシミュレーション要素を取り入れたりしたものが増えてRPGも変化しつつありますが、純粋な2DRPG(フィールド型とでも言うのかな)がやりたい自分としては、まだまだスーパーファミコンは手放せない感じです。こんなに安く良いゲームが出来るとは。まだまだ捨てたモンじゃないね。

取っ付きやすい事この上無し。

説明書を読まなくても、2DRPGならではのメニューウィンドウが開ければ遊べてしまいます。戦闘もオート可です。私はゲームは息抜きで遊びたいので、この手のゲームが向いてるようです。結構いるんじゃないかな、そういう人。

勿論、システムで目新しいのもあります。アドベンチャー要素を含んでいたり、オート戦闘もプログラム可能とか色々ありますけど、その最たるものは、「世界観」でしょう。

主人公は記憶を失って、何故か見知らぬ神殿にいる所から物語が始まります。神殿を拠点に、7つの世界で「アーク」(妖精)を手に入れて、自分の世界へ帰るのが最終目的……と説明書にはありました。仲間になるキャラクターも人形(フィギュア)となって、神殿にいます。アークを宿らせる事で、実体化し、仲間になります。アークは武器防具にも宿らせる事が出来ます。という辺りがオリジナルシステムですね。

ところでこの「7つの世界」なのですが、それぞれ超個性的な世界ばっかりです。ありがちな「時代・場所を飛ぶ」とかではありません。完全に「次元が違う」世界を渡るのです。説明書から例をあげますと「砂の世界(住民はすべてネコ!)」「子供の世界(1人の大人以外すべて子供)」などなど。すべての世界がなかなか印象的で忘れられません。1つめと6つめの世界が超おきにいりです。

とにかく印象的。

このゲーム、初めて1時間しない内に「こんなゲームにはなかなかめぐり合えないよなあ」と思わせてくれました。それほどあちこちが印象的だったんです。このゲームはこっそりと良いゲームです。今でもワゴンセールで見かけますのでゲットは可能です。やるものが無ければMYSTIC ARKなどいかがでしょう(笑)。音楽も良かったですよ。結構プッシュ。ENIXにはありがちの、なかなかセーブ出来ないという欠点はあるものの、どうせ一気に解いちゃうんだから気にしないよ。

PSでミスティックアーク〜まぼろし劇場〜というゲームが出ましたが、なんと3Dアドベンチャーゲームです。ミスティックアークの謎解きを凝縮したような作品です。

関連リンク。

[▲topへ]

[menuへ戻る]