メインコンテンツへスキップ

りえすけToo!トップページ リンクの港
  ナンデモ日誌 OldGameReview家 おみやげ屋 リンクの港 送信フォーム 掲示板

レンタヒーローNo.1

レンタヒーローNo.1 ジャンル 3D現代物RPG
機種 DC
メーカー SEGA
備考 MDリニューアル/ヒーローものRPG
満足度 ★★★★★

MD版レンタ〜DC版レンタまで。

主人公やまだたろう(仮名)の一家は、エアロシティに越してきたばかり。引越し記念に近所の人を招いてホームパーティーを開きます。サービスカフェSECAからの出前の手違いで、謎のコンバットアーマーが届き(DC版では料理といっしょにアーマーが届くけど)、たろうはいつでもどこでもサクッと変身できるようになりました。このコンバットアーマーはSECAが貸し出すレンタルアーマーで、実はたろうはその第一号。SECAの裏の顔は実はヒーロー派遣業だったのです。たろうはSECAに入った依頼をレンタルアーマーを着てこなし、報酬を得て、その中からSECAにレンタル料を支払っていく、無敵のバイトなのです。アーマーは乾電池(推奨:サンヨー「ネオ・アルカリ」)で簡単充電だ!

「りえすけのメガドラ時代はレンタヒーローと共にあったと言っても過言ではない!」ほどハマりまくった名作・レンタヒーロー。リニューアルの呼び声も高かったレンタが、ドリームキャスト版になって帰ってきました。なんて事はDC版発売時点ですでに知っていたわけですが、なんと言ってもDCを持っていなかったので、こんな時期(発売・2000年5月、現在2002年11月)まで指をくわえて見守るしかなかったわけです。

MDレンタはたぶん、全部で5周くらいはやってると思います。なにしろゲームの雰囲気が明るいし楽しいし、元々ヒーローもの大好きだしで、世界を救うことに飽きた(笑)自分としては、インパクトありまくりでツボに入ったゲームだったわけです。エアロシティという街を救うというかなーり局地的なヒーローなんですね。エアロってとこに時代を多分に感じますが(もとはセガ製ビデオゲーム用筐体の名前、しかもかなり古い)。なんつーか、セガのおしゃれお遊び心満載のゲームでした。そんなセガが私は好きだよ。ま、売れなかったみたいですが、そんなことは初めから分かってる、分かるやつだけ分かれ!っつー開き直って好きなことを貫く態度も大好きです。パッケージから取説まで、端から端までかなり遊んでました。おかもちを持ってかっこよく走るレンタヒーローの絵と、電車の吊革につかまってるレンタヒーローの絵が大好き!

勿論、サターンのファイターズメガミックスも遊びまして、レンタヒーローが出てくるのには驚き&大喜び! しかも、あの死ぬほど聞いたテーマ曲に、歌詞がついているじゃありませんか! しかもセガの誇るカリスマシンガー、光吉猛修さんの美声ですよ? もうたまらーん! これまたえらい勢いで聞きまくりましたよ。やまだたろうくんは綺麗なフォームで戦ってくれました。一部、レンタの必殺技が使えて嬉しかった。

その後、忘れたころにCD屋さんで「レンタの曲」を見つけたので即買い。実は基本的にDC版のレンタのBGM集だったわけですが、ファイターズメガミックス版「君は人のためにレンタヒーローになれるか」(略して「君はレ」…略しすぎ)やMDの「たたかえレンタヒーロー」他、DC版の「君はレ(略)」(歌唱:影山ヒロノブ)、他、「君にジョイジョイテレホン」(なんと歌詞がCDの帯の裏にあったよ! 1ヶ月以上気付きませんでした)などのおまけまで、相変わらずセガのお遊び心満載で嬉しかった。いわゆるCDの使用上の注意まで遊んでる! 買うなら新品でね! 帯が無いとだめだからさ。

以上の経緯を踏まえて、結局、この間誘惑に負けてついにDC版、買ってしまいました。DC本体は弟に借りました。

あいも変わらずお遊び心満載で。

最初のホームパーティーのシーン、懐かしくて泣きそうになりました。セリフとか微妙に違うけど、進行は変わってません。元々MDのリューアルだから当然なのですが、曲まで変わってないのには感動しました。これくらいのアレンジはぜんぜんオッケーですよ! でもって、主題歌。影山ヒロノブさんの熱唱と共に、華やかにオープニング。見てびっくり、こっそり映し出されているのはMD版のオープニングじゃありませんか! うおーーーーー!!! てか、こう昔からのファンを大事にしてくれる気持ちが嬉しすぎます! ちっとは見習え、某ゲーム。光吉さんはメインテーマからは降板されましたが、たろうの声をやってくれてるのでまあいいかな?

付属している取説なんですが、すごいっすよ、こんな取説は見たことありません。ビッグコミックスピリッツが協賛しているので、いわゆる漫画雑誌形式でゲームを紹介しちゃってるというか。とくに裏表紙にあたる広告には笑わせてもらいました。小澤考さんのイラスト、レンタの世界にぴったりですね! MD時代から思ってたけど、レンタにはアメコミ調が良く似合いますよね。

3Dになってリアルになったレンタですが、操作はちょっとすれば慣れました。調べるのに歩きながらだとダメってのは痛かったですが。3Dになった分、街の描写に説得力があります。あと、基本的に曲が変わってない! 電車のシーンなんか、本当にMD版のまんまです。一部削られた曲はありますが、その代わり追加された曲が結構あります。どれも雰囲気に合っててとてもグーです。

もともとRPGというのは経験値があって、レベルが上がって……というのが普通なのですが、このレンタ、経験値なんてものは無く、とにかく銭を稼いでSECAに貢ぐとアーマーがレベルアップしていくというシステムです。従って、経験値稼ぎなんてもんはありません。というか、必要ありません。金稼ぎは多少必要ですが、金稼ぎはつまり、依頼をこなさないとならないわけですので。MDの頃大好きだった依頼が2つあるのですが、これがいつでも出来るようになってたので、すごく嬉しいし楽しかったですね。

ところで、レンタヒーローには当然、戦闘があるわけですよ。なんと言ってもヒーローですから。MD版では横視点の対戦物風だったのが、今回は3Dらしく、(困ったことに)360度どこからでも敵が来ます。戦闘自体はとても簡単で、Aボタン連打でコンボが出て、Xボタン溜めで必殺技が出るのでとにかく楽。技は全部、事前に登録しておくだけなのでコマンドとかは一切必要ありません(ちょっとはあるけど)。必殺技はMDより増えてて、選びがいはありました(とは言え結局、出が早い技を選んでしまう)。技モーションってば、さすがバーチャのセガです。コマンドで出せるようにしといてくれても良かったね。

しかし、イベントボスはともかく、ザコ戦は結構つまんなくて、うざいだけ。大体、画面外から攻撃してくるのはやめてほしかった。なので、自分はあまりザコ戦はやりませんでした。変身してない時に襲われることはないので、ザコ戦やりたくない人はやらなくていいのです

楽しくアルバイト。

というわけで、実際のプレイはザコ戦以外は非常に楽しませて頂きました。レンタのイベントは全体に小出しで、依頼をこなしていくうちにレンタヒーロー達の活躍をねたましく思う組織が現れ、街がだんだんやばい事になってくるのですが、それより自分の乾電池の残量が気になってしまうという、わたしはそんなヒーロー(?)でした。感想は、「楽しいよ!」ホントこれだけ。

MD版と同じように、隠しイベントがあるです。最強の必殺技はそれをやらないと手に入りません。私も一度目ではどのタイミングだか分からなかったのですが、二度目でやっと手に入れました。こまめに各駅で話を聞いていったほうがいいですよ。一応伏線もあるから気をつけていれば場所の当たりはつくはず。

あと、場所を調べるときはちゃんと止まって調べるようにしましょう。歩きながらボタン連打では見つかるものも見つかりません。これはぜひ、歩きながらボタン連打アリにしてほしかったですね。

ともかくこれは、分かる人にはやっぱり名作です。ぜひともPS2に移植してほしい!(最近こればっか) でも、やっぱり万人受けはしないんだろうな〜。いろいろな会社とのタイアップも腹が立たない程のセガのおしゃれな遊び心、ぜひ堪能していただきたいです。セガってなんでこう、分かる人には分かるってゲームが多いのかなー。

なんとなく思うこと。写真とか絵とか見ると思うけど、やまだたろう(仮名)って、結構カコイイよね? なんで「女の子側から告白されたことは人生史上まだ一度もない」のか? あと最後に、レンタヒロコってDC版からいるんだけど、なんか意味あったんだろうか。プレイヤーが女性ならてっきりヒロコが選べると思ったのに。

関連リンク。

[▲topへ]

[menuへ戻る]