メインコンテンツへスキップ

りえすけToo!トップページ リンクの港
  ナンデモ日誌 OldGameReview家 おみやげ屋 リンクの港 送信フォーム 掲示板

インカミング

ジャンル 3Dシューティング
機種 Win/Dreamcast
メーカー Rage Games Ltd./イマジニア(DC版発売元)
備考 ミッション型
満足度 ★★★☆☆

一応PC版の話で。

INCOMINGはDreamcast(製品名:「インカミング 人類最終決戦」……日本語で書くとナンか陳腐だな)でも発売されていますが、PC版が本家です。VooDoo2チップ(DOS/V用3Dアクセラレーターチップ)の性能を紹介する為のデモンストレーションとして、色々な所でこのソフトはお目にかかりやすいゲームでした。今は3Dベンチマークソフトがその立場にいるのですが(笑)。

それに、VooDoo2チップセットの載った3Dアクセラレーターカードを買うと、殆どの場合、このゲームがバンドル(同梱)されてる(私の同梱版は40面しかないのだけどそれで終わりなのかな)んですよ、だからPC3Dゲーマーには超有名です。←しかしクリアした人間がどれほどいるのやら(笑)

画面も流石に超美麗です。特に爆発とその衝撃波の表現は素晴らしいの一言です。衝撃波は敵を爆発させた後、そこから紫の輪がふうっと広がって消えるんですが、何とも美しいんですよ。これがなくちゃINCOMINGじゃないやい!

で、秋葉原にちょっと行った時、そのDC版インカミングをちらっと見たのですが、やはりVooDoo2に見なれていると、ちょい画質が劣っていると感じました。衝撃波が無かった様に見えたけど、あるのかな?

ミッション型。

このゲームは1面1面、クリア条件が決まっていて、指令をこなして次の面へ行くというミッション型シューティングです。例えば、敵を全滅させる、荷物を降ろす、友軍(?)を守る、等です。これらを毎回色々な乗り物や武器でクリアします。例えば、自軍基地の砲台であるとか、ヘリに乗るとか、戦車に乗るとか、戦闘機に乗るとかです。

10面ごとに戦闘の場所が変わっていきます。ストーリーは10面までは異星人の襲来により防戦する人間達、その後徐々に攻めに転じていく……みたいなものかな。DC版の方が分かりやすいでしょうね、PC版英語だけだから。正確な話教えてください(笑)。DC版はちゃんとストーリー教えてくれるらしいよ。

渋い雰囲気の歯切れの良いゲームですが、最後の方はもう、とてつもない難易度です。私は全然クリア出来ません(爆)。弟もクリアに丸3日かかったとか。でも良い出来でしたよPC版は。DC版は試して無いから分かりませんが、かき集めた情報では、よりユーザーフレンドリーになってるって感じです。PC版は何の条件でクリアするのか分からないっていうのがままありました。

関連リンク。

[▲topへ]

[menuへ戻る]