メインコンテンツへスキップ

りえすけToo!トップページ リンクの港
  ナンデモ日誌 OldGameReview家 おみやげ屋 リンクの港 送信フォーム 掲示板

ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド

ジャンル 3D一人称シューティング
機種 アーケード/SS/Win
メーカー SEGA
備考
満足度 ★★★☆☆

国産3D。

たまには超初心者向3Dゲームもレビューしなきゃね。

元々アーケードゲームだったこのゲームがサターンに移植され、その後すぐにPCに移植されました。アーケードは大ヒットしたらしいのですが、行き付けのゲーセンにはこのゲームは無かったので、良く知りません(汗)。あのゲーセンにはバーチャコップしか無かった。私はPCで遊びましたので、取り合えずPC版のレビューです。他もあんまり変わらないと思います。

このゲームは一人称視点のオーソドックスなSTGゲームです。同じメーカーだからっていうのもあって、バーチャコップに良く似ています。ロックオンサイトはないよ。遊び方は超簡単、現れたゾンビを銃を使って撃ちまくるだけ。自分の動きは指定できず、自動で動きます。つまり、バーチャガンなりマウスなり、照準を合わせてボタンを押すだけで良いって事です。海外3Dゲームに慣れると、何となく違和感ありますね。

例えば通路に何気なく置いてある樽とか箱とか、壊すとボーナスアイテムが出現する事もあります。で・も! 主人公はワタシの気持ちとは裏腹に、どんどん先に進んで行っちゃうんだなぁ。ああぁぁぁ、あの箱壊させろ〜! と何回思ったことか。館の中を自分で操作して動けるんだったらどんなにいいか、と思いますよ。ま、それじゃアーケードとサターンは辛いでしょうけどね。

これってやっぱりちょっと古いゲームだからかもしれないけど、ポリゴン数とテクスチャはイマイチです。デモもゲームの中に何箇所か混じってきますが、やっぱりイマイチです。悲劇のヒロイン、ソフィーもあんまり美人じゃないし。手抜きしてテクスチャ貼っただけで終わらすなよ、もーちょい頑張れ。しかし言いかえれば、あまりマシンパワーを要求しないって見方もありますね。PCならビデオカードがちょっと3Dに対応してれば遊べちゃうんじゃないかな。

けっこう遊べるぞ。

良いところも色々あるんだよ。色々な場所で分岐が用意されています。それと分からないように出来ているので、どこがどう分岐なのかプレイヤーはあんまり気にしないで遊ぶことが出来ます。例えば、スタートして館の前の橋を渡るとき、ゾンビが研究員を担ぎ上げているシーンにお目にかかれます。ゾンビを倒し研究員を助ければ近道ルート、放っといてゾンビが研究員を橋の下に投げ捨ててしまえば、主人公は研究員の安否を確かめるため、橋の下に飛び降り、別のルートを辿っていく事になります。こんなような分岐が結構用意されています。ゲームオーバーになった時、自分がどのルートで来たのか確かめる事が出来ます。これで何度も遊べる仕掛けになってます。

隠しアイテムも結構多いようです。しかし前述の通り、ナカナカ取らせて貰えないんだよねぇ(涙)。

弾が無くなると、画面外を撃ってリロード(弾丸補給)しなくてはなりません。これがめんどくさい人は、オプションからリロードを自動に出来ます。これで難易度が異様に下がります。マウスで遊ぶならなおの事。指痙攣連射(笑)でどんなボスも全然こわかないです。これで残員を9人に設定して、5回も遊べば誰でもエンディングに辿り着けるでしょう(笑)。個人的にはこれを、ストレス解消モードだと思ってます。慣れたらリロードを普通に戻して遊ぼう、だってそういうゲームじゃないんだもん!

うーむ、特殊工作員という割には、ただゾンビぶっ壊してるだけだよな。

恐怖って……。

このゲームは恐怖。恐怖物、のハズ。でもちっとも怖くなかったです。オプション設定で血の色が選べるんだよ。緑、黄色、紫、など。この時点ですでに恐怖物じゃないです。恐怖物って、こういうゲームじゃないんじゃない?(って、ストレス解消モードで遊んでたら、そりゃそーだよな(笑)) 1面のボスもいきなり笑った。やられると腰振りダンスを見せてくれるのですよ。誰も見たかないってば。

で、結局元凶のDr.キュリアンは、何がしたかったのでしょうか。良く分かりませんでした。しかしラスボスは良かったです。すげーSEGAらしーラスボス! こいつ大好きです。それでも指痙攣連射で余裕なんだけどさ(爆)。アーケードではガンコントローラのトリガーを引くので、こんなストレス解消モードは無いですよ。クリアするのはきっと、大変なんでしょうね……。

[▲topへ]

[menuへ戻る]